販売の流れ|長野県松本市箕輪町の高品質な激安中古車、格安車の販売、注文、買取をお求めならVALX/バルクス


販売の流れ

株式会社バルクス >> 販売の流れ

バルクスの強み

”お客様目線”を大事に、多くの人に喜んでもらえる中古車を提供しています

バルクスグループは、独自のノウハウとネットワークを活かし、上質で低価格な中古車を揃えております。
通常、販売店は仕入れ価格に利益、経費を上乗せしてプライスを決め、それに更に諸費用を頂いて総支払い額にしています。

バルクス

図のように、計上される金額が他店よりも1段階少ないため、その分安く販売することが可能となっています。
もちろん、安かろう悪かろうではなく、質の高い自動車だけを仕入れています。
その点は、創業から長年培ってきた仕入マニュアルと呼ばれるバルクスならではのノウハウと独自のネットワークが活かされており、それにくわえて惜しみなく労力を注ぐことで、上質廉価な自動車の仕入れを実現しています。
全国でオークションが毎日どこかで開かれていますが、そのなかで1日100台ほど良質な車を厳選して、せりに参加します。
さらにそのなかで安い車を日々2~3台買ってきます。これはかなりの時間と労力が必要になるのですが・・・。
良質な車をお届け出来る様、昼夜がんばって仕入れています。

バルクス仕入れの安心3つのチェック!
1.バルクス仕入れマニュアルに沿った厳選車のチェック 2.オークション会場での下見チェック 3.入庫点検チェック

店頭にお越しの際はぜひ、来て見て触れて乗って、程度の良さとお買い得感を感じてください。 ローン等お支払いでお困りの方も是非一度ご連絡ください。
お客さまのニーズにお応えする当社ならではの品揃えで、お客様を笑顔に変える中古車を用意し、お待ちしております。

中古車購入時の流れ

中古車の購入は、中古車販売店の対応にもよりますが、ある程度の全体像とポイントを掴んでいなければなかなかスムーズには行なえないものです。
こちらでは、中古車を購入する際の全体的な手続の流れと、購入に手間取らないために抑えておきたいポイントをご紹介いたします。

Step1 お問い合わせ

在庫状況、装備、お見積り依頼等、ご不明な点がございましたら、お電話またはFAX、お問い合わせフォームよりお問い合わせください。 あらかじめ予算とご希望の車種を数種類決めておくことをオススメいたします。

Step2 ご来店

実際に実車をご確認頂きます。 同じ車種でも価格やコンディションが異なりますので、しっかり見て比較検討していただくことをおすすめします。

Step3 お見積り・ご相談

ご購入に必要な諸費用は以下の通りです。

購入時にかかる費用

自動車取得税……車を購入する際にかかる都道府県税です。
消費税……車両本体価格・オプション装備・付属品、法定費用を除く登録などの各種手数料の合計に課税。
自動車税……車の排気量で区別されている地方税(都道府県・市区町村)です。
自動車損害賠償責任保険料……いわゆる強制保険、自賠責保険と言われる物です。車を運行する際に必ず加入する事が義務づけられています。

購入時、ナンバーの無い車にかかる費用

自動車重量税……車の重量で区分されている国税です。

その他の費用

陸運事務局の登録費用 車庫証明費用(代行申請の場合) 法定預かり費用 など。

Step4 購入(必要書類など)

※ご来店時に持参して頂くと契約がスムーズに進み、納車までの期間が短くなる5点があります。

①実印……契約書や委任状などの捺印に使います。
②銀行届出印……ローンをお考えの方は審査や申し込みの際に使います。
③ご通帳……ローンをお考えの方は審査や申し込みの際に使います。
④印鑑登録証明書(印鑑証明)……車検証の名義になるために使います。
⑤運転免許証……免許証がなければ車の購入ができません。

※未成年者の方は『銀行印・通帳・住民票・免許証』の4点になります。
※ご購入時に必ず必要なものではございません、ご持参されなくても契約は可能です。
※ご契約後、お客様にご用意していただく必要書類は以下の通りです。(普通乗用車と軽自動車では書類が変わります)

普通乗用車の場合

①印鑑登録証明書(印鑑証明)……発行後3ヶ月以内
②委任状……委任状は実印のみの捺印となります。用紙は当社にてご用意しています。
③車庫証明の出来上がった用紙(申請用紙※1)……管轄の警察署に申請後、許可をもらった受理済の用紙。
 ・自動車保管場所証明申請書
 ・保管場所使用承諾証明書(駐車場の契約書でも可能な場合があります)
 ・保管場所使用権原疎明書名(自認書)
 ・保管場所所在図及び配置図

※お客様が自動車の保管場所を確保していることを警察署に確認してもらうために提出する用紙です。これらは警察署にて無料で発行されていますが、当社でも用意しております。

軽自動車の場合

①住民票
②委任状……委任状は認印のみの捺印となります。用紙は当社にてご用意しています。

※軽自動車の場合、登録時に車庫証明が必要ありません。納車後に自身で申請頂ければ結構です。

お車の下取りがある場合に必要な書類

①印鑑登録証明書(印鑑証明)……発行後3ヶ月以内 ②委任状……実印の捺印
③譲渡証明書……実印の捺印
④車検証
⑤自賠責
⑥納税証明書……今年度の証明書
⑦リサイクル料金……預託証明書

追加書類

住民票……車検証の住所と印鑑証明の住所が異なり、車検証の住所から印鑑証明書の住所へ1回の引越の場合
除票……車検証の住所と印鑑証明の住所が異なり、車検証の住所から印鑑証明書の住所へ2回の引越の場合

※3回以上の引越の場合は戸籍謄本などになりますが、各役所にて確認を取ってください。
完済証明……車検証の所有者蘭がディーラー・信販会社・購入店になっていて使用者の欄にお客様の名前がある場合
※万が一紛失されている時は再発行が可能ですのでご相談下さい。

Step5 納車

ご納車に際しては、お客様にご来店いただきお引渡しさせていただくか、 お客様のご自宅までお届けさせていただく方法がございます。 ご指定場所へのお届けの場合、別途料金を申し受けます。 また、ご納車時には弊社担当者立会いの下、今一度納車車両をご確認いただきます。

PAGE TOP